8月に入りました。

2013年08月01日

夏の行楽といえば海と山。

よく、あなたは海派?山派?という会話をする事もあると思います。

海をモチーフにした万年筆は数多くありますが、今回は山をモデルにした万年筆を

ご紹介します。
ペリカンの2008年の自然の美観シリーズ「エベレスト」
ペリカン「エベレスト」

エベレストはネパールとチベットにまたがる標高8848m、世界最高峰の山です。

地球には標高8000m以上の山が14座存在します。

K2、カンチェンジュンガ、ローツェ、マカルー、チョーオユー・・・。

その中で圧倒的な標高と人気と知名度を誇るのがエベレストです。

8848mとひとくちに言われても、一体どんな所なのか、想像もつきませんよね。

酸素が平地の3分の1、気温はマイナス20~30度。

もちろんどんな生物も生息することはできません。

世界遺産に登録され話題の日本一の富士山が3776m。その倍以上の標高があり、

大体飛行機が飛ぶ高度と同じくらいの高さです。

ペリカンの「エベレスト」はぱっと見るとすぐにエベレストを連想するのは難しく、

どの辺がエベレスト?と思ってしまいますが、実はシルバーラッカーのボディに

ヒマラヤ山脈の連なる山々を描き、その中央にゴールドプレートを施し、エベレストが

朝日に照らされている様子を表現しているのです。

朝日に輝くエベレスト

比較的太さと重さがありますが、丸みを帯びたボディは程よく手にフィットし

筆記時の安定感につながります。

「神々の山嶺」と呼ばれるエベレスト。

私ももちろん行った事はないのですが、是非実際その場を訪れて

静寂の中で朝の太陽を浴び、黄金に染まるエベレストを見てみたいなぁと思います。

自然の美観シリーズエベレストはこちら

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP