香る筆記具。

2017年07月29日

〇〇フェチって、ありますよね。

多分…自分は、
「においフェチ」だと思います。クンクン、
自分の好みの香りに出会うと、

それが素敵な香水でも、
ちょっとヘンな匂いでも、

ドキューン!と
愛しくなってしまうわたしです。

本日は、気になる
「香る筆記具」をご紹介します。

◆セルロイド

プラチナ 万年筆 #3776 セルロイド #24 キンギョ

>>セルロイド製品の一覧はこちら

セルロイドは、
セルロースと樟脳などを原料に、古典的な製法で作られる
最古の合成樹脂素材です。

♪別記事でも、
セルロイドの事をまとめています。
もっと知りたい方はこちら

使っているときに、臭うの??と
思われた方、ご心配なく。

個体差がありますが、
意識して嗅がないとわからないぐらいの香りです。

防虫剤などにも使われる
樟脳(しょうのう)特有の香りがします。
ちょっとスッキリしたような、
アルコールや薬品のような香り。

なんだか、懐かしい気分になります。
理科室のような、
救急箱のような。

プラチナ セルロイド タマゴ型ケースL ベッコウ

好みが別れる香りですが、
好きな方はわざわざクンクン嗅いで楽しまれている、らしいです!

制作されて間も無い品物が入荷したときは、香りがさらにスーーーッと際立ちます。
梱包を開けてこの「新鮮な」香りが立ち込めると、ドキドキしてしまう。
外気にさらされると香りが飛んでしまうので、貴重な体験かもしれません。

キャップや胴軸の内側など、
密閉されている部分には香りが残りやすいです。

セルロイド素材は、
繊細で鮮やかな発色も魅力です。
そして独特の、
とろりとしたような
しっとりしたような
妖艶な質感にうっとりしてしまいます。

軽量素材なので、
さらりと軽やかに、手に取りたくなる。

手に取ったら
また、香りを嗅いでしまいそう。笑

RION リオン セルロイド 手づくり栞 パンダ

ああ、すばらしき「香る筆記具」。

気になる香りって、
ひとそれぞれありますよね?

ご近所の窓辺からただよう お線香の香り、
料理中に手についた薬味の匂い、

ここには書けない、
ちょっとヘンな匂いも…笑

気がついたら、くんくん、嗅いでしまう!!

ん??

変でしょう。

でもでも、
五感を使ってその魅力を
味わうことができるのは、悪いことじゃないハズ。

人間の五感
「触覚、聴覚、視覚、嗅覚、味覚」

ボディの質感を味わい、
万年筆の書き味
重みやしなりを感じる触感、

筆記時の音を聞く聴覚、

インクやペンの色彩
濃淡やたわみを見る視覚。

味覚…
筆記具を愛する我々であれば、
食べてもおいしいハズ…?
いや、やめておきましょう。

「嗅覚」で
筆記具の愛すべき「香り」の魅力を
味わうと、きっともっと楽しい。

新しい発見があるかもしれません。

実際に手にして嗅いでみて、
皆さまはどんな印象を持たれるでしょうか??

香りは直接脳の深層部まで響きます。
その人それぞれに、感じ方が違うのが面白いところ。

皆さまの感想も、ぜひ知りたいです。
よかったら、店頭で教えてください。

(においフェチのブログの人に…と仰って頂ければ。笑)

>>セルロイド製品の一覧はこちら

皆様に、素敵なペンとの出会いがありますように。

☆毎日更新中!キングダムノート公式Twitterはこちら☆

☆新着商品毎日追加!KINGDOM NOTE HPはこちら☆

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP