香り付き万年筆?

2017年11月10日

香り付き、万年筆?

香り付きのインクは良く耳にします。

はて。。ラベンダーやローズ、花の香り漂うインクで文字をしたため、

想いを込め誰かに手紙を、言葉を、贈る――。

香り付きインクの醍醐味、ともいえます。

香り付きインク。

筆記具ファンであれば誰もが耳にし、且つ持っている方も多い、メジャー商品。

さて、そんなインクに対し、万年筆は?

香り付き万年筆

と聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。

エボナイトの香り

セルロイドの香り

カゼインの香り

そして木軸の香り。

この度、キングダムノートでは木軸の香りに包まれる魅惑のモデルを制作致しました。

「キングダムノートオリジナル セーラー別注 プロフェッショナルギア 木軸シリーズ 第二弾 智頭杉」

キングダムノートオリジナル セーラー別注 プロフェッショナルギア 木軸シリーズ 第二弾 智頭杉

目下、(すぅー)

香りを堪能しながら、(はぁー)

この文を、

考えておりますぅ~

はぁ~~っ

手に馴染み、どなたが持っても様になる美しい木軸。

四季を通じて寒暖の差が激しい気候風土と伝統的な育林技術により育まれた「智頭杉」。

樹齢60-100年の優良な太い幹を持つ大木を、

自然乾燥と人口乾燥でしっかり処置し歪みにくい良質な材としてボディに施しています。

万年筆としての最後の姿かもしれません。

元はといえばセーラー社の人気商品、銘木シリーズで愛された智頭杉万年筆。

この度、セーラー社でも生産終了が発表され、今では手に入りにくくなってしまいました。

この芳醇な香りを、贅沢な軸でお届けしたい!

そんな一心で、最後の良材を集めてもらいました。

今後の追加生産も出来ない、希少な希少な万年筆です。

どうせなら、とセーラー王道のプロフェッショナルギアで企画。

抜群の21金ペン先と適度な太軸、そこへ珠玉の智頭杉材。

筆記しながらも、また、せずとも、

愛でていただきたい一本です。

堂々たる存在感

木軸等のオリジナル品はプロフィットが多い中、

敢えてプロフェッショナルギアを選ぶのは多少勇気が要りましたが

滑らかながらもプロギアならではの角を残す事、生かす事で

自然の美しさ、曲線だけではない上品なデザインを

皆さまに是非楽しんで頂けますと嬉しいです。

比較的均等な木目で、樹脂が少なく、お手入れもし易い智頭杉万年筆。

セーラー社最後の取り扱い、希少な良材を、良ボディを、是非。

>>>商品ページはこちらから

もしお手に取って頂けるのであれば

まずは香りから。

その芳醇な香りに満たされて、

皆さまのお好みのインク、紙、机、空間、時間。

沢山の組み合わせでご使用頂けますように。

香り付き万年筆投票、開催してみたいものです。

S

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP