衣服をまとった万年筆

2013年06月22日

革物司 岡本拓也氏。
独創的なデザイン、美しい造形。
ステーショナリーの革小物好きなら
きっと皆様ご存知ですよね?

ではその岡本拓也氏とセーラー万年筆が
コラボレーションした万年筆があるのはどうでしょうか?それがこちら
SAILOR×TAKUYA ヴェスターレ レッド
です。

セーラー 万年筆 VESTAERE RED

ボディは岡本氏の眼鏡に適ったイタリア・トスカーナ産の
天然牛革ミネルバ・リスシオを用いています。
リスシオ革とはイタリアのバダラッシー・カルロ社がイタリア古来の伝統的な技法である
バケッタ製法を用いた革を指します。
この製法の特徴は植物性タンニンを用いて時間をかけてなめされた革に、
純度の高い「牛脚油」で時間をかけながらゆっくりと加脂することです。
油が浸透しにくいのでとても時間と手間がかかる作業ですが、
その代わりにオイルが抜けにくく、使い込んだときの色艶が大変綺麗で、
美しくエイジングされるのが特徴です。

その厳選された革に施された丁寧な手縫いステッチが
デザインのアクセントになっています。

また、岡本氏の生み出すアイテムと言えば、
遊び心あるお洒落な造語・ネーミングも特徴ですが、
こちらも例外ではありません。
「ヴェスターレ」とは、イタリア語の「衣服をまとう(ヴェスティート)」と
「身なり(アエレ)」を合わせた造語で、「衣服をまとった万年筆」という意味だそうです。
・・・いやー、ネーミングだけでもカッコいいですよね。
ぜひ一度お手にとってお試しください。

【セーラー 万年筆 VESTAERE REDはこちら】

【同モデルの中古商品はこちら】

【岡本拓也氏の革製品はこちら】

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP