細部の拘りがお洒落心を打つわけです。

2010年09月27日

筆記具においてクリップはポケット等に止めて置く為の物です。
つまりは、止めて置けさえすれば特に装飾などは必要ないのです。
      ・
      ・
      ・ 
しかし、だからこそ、そこに小さなお洒落(デザイン)を施してこそ
筆記具を楽しめる気が私は致します。
実際に胸元のポケットに挿した時に目に入るのはクリップですから。

軸の美しさを壊す事のないバランスの取れたデザイン。
はたまたクリップ自体が存在を大きく表しているデザイン。
控えめだけれども、ラインを入れることでペン全体が
少しだけシャープに見えるデザイン。
それはもう、様々です。
クリップ集①モンテグラッパ&デルタ
逆をいえば折角の軸の鮮やかなカラーやフォルムを
以外とクリップが壊している筆記具も中にはある様に
思います。(あくまで個人的主観ですが・・・。)

お気に入りのペンをお探しのキーワードとして、
是非、クリップも加えてみては如何でしょうか。

※比較的、限定品以外でクリップに特徴があるメーカーは
・モンテグラッパ
・デルタ
・スティピュラ
・ビスコンティ
かと思います。
個人的には今回ご紹介をしていない「スティピュラ」のクリップ上の「一葉」が
大変可愛いらしく感じます。
スティピュラは、ラテン語で「一片の藁」を意味しておりますので
その名にちなんだアイコンです。
お立ち寄りの際には是非、ご覧下さい。
ご来店を心よりお待ちしております。

クリップ集②オマス&ビスコンティ

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP