満を持してあのブランドが登場!

2016年10月18日

10月14日より取扱いを開始いたしましたディプロマットの商品は、もうご覧いただけましたか?

日本で販売を開始してから日も浅く、ブランド名は聞いたことがあっても直接手に取ってみたという方はまだ少数なのではないでしょうか。

今回はそんなディプロマットをご紹介いたします!目を引くこのデザイン!

ディプロマットは1922年にドイツのヘンネフという町に高級筆記具メーカーとして誕生しました。

創業90年を超える老舗ですね。
ちなみにヘンネフという町はドイツ西部、フランクフルトから車で1時間30分ほど離れた人口約45,000人の町です。
サッカーの各国代表チームが利用するスポーツシューレもあるそうですよ。
サッカーファンならご存知でしょうか?

ディプロマットは1958年にドイツ市場で初めてカートリッジの万年筆を導入したブランドでもあります。
現行のレギュラーモデルはみんなカートリッジ、コンバーター両用式ですね。

ヨーロッパタイプのショートカートリッジです

ディプロマット85周年にあたる2008年に、ロゴや、クリップの形などに大きな改革を行っています。
特徴的な花のようなロゴマークは”インクフラワー”と呼ばれています。
花びらがインクのしずくをイメージしているんですね。
よく見ると花びらは若干「うねり」があり、インクが流れる雰囲気が出ているように感じられます。
とても可愛い!

天冠、ペン先、コンバーターなどにもロゴが入っています

クリップにもインクの花びらが一枚

キングダムノートで取り扱っているモデルは14金ペン先の万年筆とボールペンです。
(ステンレスペン先も作られています)
インクフローも良く、気持ちのいい書き心地を味わえます。
ぜひキングダムノートにご来店の際は試筆していってくださいね♪

ボールペンはパーカータイプの芯がご利用いただけます。
汎用性が高く、長く使っていただける一本になると思います。

字幅はモデルによってM、Fがございます

ボールペンにはイージーフロー芯が入っています。ここにもインクフラワーが!

ディプロマットの万年筆、ボールペンは金属軸で少し重量がある感じでしょうか。
デザインはモダンで、男女問わずビジネスシーンでもお使いいただけるような印象です。
私個人のおすすめとしてはエクセレンスエー エバーグリーンでしょうか。
派手過ぎず、しかしながら洒落た色味のグリーンは他ブランド現行品を見てもなかなかないお色です。

ぜひ、この機会にディプロマットの商品をご検討ください!
店舗で座ってゆっくりご試筆も大歓迎です♪

>>>ディプロマットの商品はこちら

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP