手、はじめました。

2014年04月07日

手、はじめました?

いつもご覧頂き有難うございます。

KINGDOM NOTE .com サイト内商品詳細画像に、

先日より筆記時のイメージをよりわかりやすくお伝えする為に、

ペンを持った際の画像を追加しました!

商品選びの際、参考にして頂ければ幸いです。

さて、先日、京都に行って来ました。

あ、話しは変わりますが。

桜?

いえ、ごめんなさい、珈琲を飲みに。

珈琲?

はい、日帰りで。

日帰り?

ええ、ごめんなさい、日帰りで。

チャンスがあれば東京のみならず関東、そして京都にもちょくちょく珈琲屋はじめカフェ巡りに行くのですが、

今回は時間の関係で弾丸日帰り!

小雨の降る中、京都ならではの雰囲気を満喫して来ました。

至福の時。

『喫茶店の珈琲は美味しすぎてはいけない。』

京都の小話ですね。

(僕のカフェ巡りの師←勝手に。、川口葉子さんの本より。)

各々の寛ぎの時間に、

話しの華が咲いている時に、

「お、なんて美味しい珈琲なんだ」と

興味・意識がそちらにいかぬ様、それぞれの時間に名脇役、潤滑油の如き存在で

静かに机上を飾る、そんな見方もある訳です。

ま、それは喫茶を語る上でのなんと言いますか抽象的な話しではありますが、

(※美味い珈琲屋、沢山あります。)

万年筆。

机上の名脇役、という存在価値も悪くないですね。

華やかな主役級の存在感を放つペンも沢山ありますが、

主役はあくまで書き手の貴方。

筆記具は皆様の個性を引き立てる、名脇役達です。

感性やこだわり、嗜好が凝縮された、そんな存在。

珈琲を通して知り合った僕の人生の先輩に、

仕事上の肩書と別に、

「きっかけ人」と名乗っている方がいます。

人生において、珈琲を通して、何かの縁で繋がった時

その一瞬が、貴重な出逢いが、

その後の時間に一つでも有意義な何かを生む「きっかけ」になる。

何気ない時間の中で、「きっかけ」を見つける

或いは

「きっかけ」を促す。

素敵なことですね。

後者はなかなか出来ることではありませんが、少なくとも「そうしようとする」ことで、何かが変わるかもしれません。

「手」、はじめました

も、イメージを膨らませて頂くための、

キングダムノートから皆様へのささやかな「きっかけ」創り。

皆様を飾る名脇役を探すお手伝いが出来ます様に、と。

正解が無い嗜好品の奥深き世界。

珈琲然り万年筆然り、

「好き」という感情が何よりの拡散エネルギー、と信じています。

ここ新宿を拠点に、キングダムノートをご覧いただいている皆様を中心として、

筆記具の魅力が広がっていきます様に。

手、はじめました例。

(参考までに、だいたい手首から中指まで19.7cmほどの大きさです。)

追記。

今更?ですが、キングダムノートの公式ツイッター、はじめました!

ぜひ、こちらもご覧ください。

皆様の声、楽しみにしております!

>>>キングダムノート公式ツイッター

早速沢山のフォロー、リツイート有難うございます!!

今後とも宜しくお願い致します♪

S

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP