希少な木材、ペルナンブコの魅力

2009年10月05日

ドイツの老舗メーカーであるグラフ・フォン・ファーバーカステル社が誇る、
「クラシックコレクション」シリーズ。
このシリーズは、現在では伐採が制限されている希少な木材を同軸に使用しています。
「ペルナンブコ・エボニー・グラナディラ」と3種類ありますが、今回はペルナンブコをご紹介いたします。希少な木材、ペルナンブコ-1
ペルナンブコは、ブラジル北部ペルナンブコ州周辺から出材する超硬質の木材で、
綺麗な赤褐色が特徴的な高級木材です。主にバイオリンの「ボウ」に使われていることで有名です。
腐食に強く、合成接着剤との相性も良い素材です。
原産国のブラジルでは「金属と似た性質を持った樹木」と呼ばれています。
希少な木材、ペルナンブコ-2
また、ペルナンブコは伐採が禁止されている稀少な樹木のひとつです。
「クラシックコレクション」に使われている素材は、バイオリンの弓などに加工された際の端材を
使って作られているのです。
金属のように硬質でありながら、樹木の温もりが感じられます。貴方も手にされて見てはいかがでしょうか。

■商品はこちら

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP