カランダッシュの巨人

2018年02月16日

カランダッシュはスイスジュネーブに本社を置く筆記具メーカーです。

1915年に「ジュネーブ鉛筆工場」としてスタートし、

2015年、創業100周年を迎えました。スイスの楽器アルプホルン

ロシア語で「鉛筆」を意味するカランダッシュ。
パリで活躍していた風刺画家「エマニュエル・ポアレ」のペンネームでもあります。
創業者のアーノルド・シュバイツァーがこの画家の作品を好んでいたそうです。

スイスでは、公立小学校でカランダッシュの色鉛筆を配るため、
子供の頃から慣れ親しんだ、筆記具ブランドです。

子供から大人まで誰もが知る筆記具ブランド

全ての製品は、ジュネーブの工場で熟練の職人によって生産され、
「SWISS MADE」の彫刻が施されます。

カランダッシュの売れ筋はボールペンです。
リフィル「ゴリアット芯」の性能の良さは大変有名です。
芯に名前がついているのは珍しく、カランダッシュの拘りや自信が感じられます。

ゴリアットは、旧約聖書に登場する巨人兵士「ゴリアテ」から名づけられた名前です。

ステンレスチップの先に超剛素材のタングステンカーバイド
(ダイヤモンドと同じくらい頑丈で摩耗に強い原料)の
回転ボールがセッティングされています。
リフィル先端には5本の軌道が設けられ、インクの供給が細分化されるため、
日本製のものよりも少し粘度が高めですが、
ひっかかりやボタ落ち、インク漏れを起こさず、
滑らかで流れるような書き味を実現しています。

A4用紙600枚程度、約8KMの筆記が可能で、
一般の替え芯より断然長い筆記距離です。

エクリドールコレクションは、
真鍮にシルバープレート、またはゴールドプレートを施したシンプルな
六角形のボディが特徴です。
スターリングシルバーのものもあります。
長時間筆記しても非常に疲れにくく、握った時に手にしっくりと馴染みます。
50種類を超える柄が商品化されています。

つなぎ目がなく、少ないパーツで構成されているため、故障が少ないことも特徴です。
また、回転繰り出し式のボールペンよりも、ノック式の方が故障が少ないと言われています。
ノック音も滑らかで静かなので、スマートにご使用いただけます。

エクリドール レトロ シルバープレート&パラジウムコート

エクリドール オリーブ&鳩

もっと手軽にゴリアット芯の滑らな書き味を!という方には
カジュアルな849コレクションがおすすめです。

エクリドールと同じ、無駄のないシンプルな形状、
丁寧なラッカーコーティングが施された軽量のアルミ合金製です。
定番以外にも限定柄が多くあり、たくさん集めたくなってしまいます。

849 コレクション フラッグ

849 ブリュットロゼ 【限定品】

魅惑的なロゼシャンパン!!特別なケース付きです。

欲しい商品がある場合は、お取り寄せが可能かを確認致します。
お気軽にお問い合わせください。

>>カランダッシュ エクリドールの商品一覧はこちら

>>カランダッシュ 849の商品一覧はこちら

☆日々を写真でお伝え!KINGDOM NOTE公式Instagramはこちら☆

☆毎日更新中!KINGDOM NOTE公式Twitterはこちら☆

☆新着商品毎日追加!KINGDOM NOTE HPはこちら☆

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP