SAKAEテクニカルペーパーの技術

2020年04月14日

「罫線の上に万年筆インクで書くと抜けてしまう。」
その悩み、SAKAEテクニカルペーパー様が解決致しました。
初めて紙を10倍ルーペで覗きました。
こちらの画像をご覧ください。

お判りになりましたか。
“罫線をドットで印刷しております。”
隙間にインクが入ることで、インクが弾かれるのを防いでおります。
実際にガラスペンで書いてみました。


本当にインクがはじかれず、肉眼では確認することができません。
書き味、発色は変わらず高品質。

万年筆を使っていると、紙・インク・ペンの相性、ペンのその日の機嫌に左右されることが多く、
小さなストレスを抱えることもしばしば。
昔ながらのひと手間を楽しみつつ、最新の技術で使いやすいモノと出会えるのは素敵なことです。

「トモエリバーFP A5 方眼52g/m2 ホワイト」商品一覧はこちら》

☆日々を写真でお伝え!KINGDOM NOTE公式Instagramはこちら☆

☆毎日更新中!KINGDOM NOTE公式Twitterはこちら☆

☆新着商品毎日追加!KINGDOM NOTE HPはこちら☆

1+

NEW POST

MORE
PAGE TOP