1本で硬軟自由自在。「パイロット ジャスタス」の魅力。

2018年05月28日

いままで数多くの万年筆が生み出され、世に送り出されてきましたが

「1本で硬軟を無段階に変化させて書くことができる」

唯一の万年筆かもしれません。◆パイロット ジャスタス

ジャスタス

この画期的な万年筆が発売されたのは今から30年以上も前。

ペン先の上部に覆いかぶさっている金属プレートを前後させることで、
ペン先の硬軟を自由に決めることができるという驚きの機構を備えています。

ちなみにこのジャスタス、技術の継承・万年筆文化の復興を機に「ジャスタス95」として数年前に復刻されました。

ジャスタス95

復刻盤はキャップがネジ式になり乾燥に強くなったりと改良が加えられていますが、
最大の特徴であるペン先の基本設計はそのまま継承しています。

首軸のコントローラーをS方向に回すと軟らかい書き味、H方向に回すと硬めの書き味になります。

では、お待たせいたしました。
その驚きの機構を連続写真にてご紹介いたします!

だんだんとプレートが
せり上がっていき
硬い書き味になります

このギミックだけでワクワクしませんか?
まさに日本ならではの発想力と技術力による1本だと思います。

万年筆は使い続けていくうちに筆圧、持つ位置など使い手の様々な要素が変化します。

「大量筆記する機会が多い今は硬めが好き」
「やっぱり手紙をゆったり書くときには軟らかな書き味を楽しみたい」
「なんだかちょっと書き味に飽きてきたな」

永く使っていく上で生じるこんな要望にも、1本でばっちり応えてくれる。
一生モノとしてみる場合、これほど最適な万年筆はないかもしれません。

>>パイロット ジャスタスの商品一覧はこちら

ではでは、今回はこのへんで。

皆様の素敵なペンライフの一助となりますように。

☆日々を写真でお伝え!KINGDOM NOTE公式Instagramはこちら☆

☆毎日更新中!KINGDOM NOTE公式Twitterはこちら☆

☆新着商品毎日追加!KINGDOM NOTE HPはこちら☆

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP