色の変化を楽しむインク

2018年05月13日

ここ数ヶ月、「カヴゼットインク」が特に注目を集めている様に感じます。

店頭でのご指名も多く、発色など実際に店頭でお確かめになられてご購入される方も多くいらっしゃいます。
カヴゼットインク

カヴゼットインクの特徴の一つは「匂い」。

ちょっと甘~い、独特な匂い。
瓶を開けるたびに不思議な感覚になります。

全62色の内
染料インクは41色
IG(没食子インク)は18色
IGLインクは2色
IGアーカイブインクは1色

没食子インクは筆記した後、酸化して黒く変わっていきます。
落ち着いた色がお好き方にもオススメの発色です。
個人的にはブルー系インクが6色もあり
クリーム系用紙に書いた時の発色や色の変化は面白く
ちょっとした実験を行っている様な気持ちになるオススメカラー達です。

カヴゼットインクIGブルー#3
IGブルー#3は6色のブルーの中でも中間の青になります。
黒の色味が強くない為、明る過ぎず人気があります。

カヴゼットインクIGブルー#6

明るめの青になります。
黒よりも青の割合いが多い青でお探しであれば、是非オススメしたい色です。

>>「カヴゼットインク IGブルー6色」はこちらから

文具メーカーが作ったインクではなく、
科学者の着眼点から作られたインクは、他には無い独創性を感じさせられる色があります。

カヴゼットインクは一瓶 60mlでたっぷりお楽しみいただけます。
是非、新しいインクに挑戦して、新たな発見にワクワクして頂きたいです。

>>「カヴゼットインク」はこちらから

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP