珍しい非売品

2011年10月27日

皆さまご存知の通り、筆記具には「記念モデル」と呼ばれる限定品が多数存在します。

「創業○○周年」や「○○モデル誕生から○年」「○○開催記念」・・・などなど。

今回はその中でも比較的珍しいものを一本ご紹介します。パイロット 万年筆 新社屋落成記念 宝相華

パイロット 万年筆 新社屋落成記念 宝相華 です。

作者は吉田久斎。その名の通り、パイロット社の新社屋落成を記念して

関係者のみに配られたとされる非売品です。

落成記念に「蒔絵モデル」を作るとはさすが国光会を有するパイロット社ですね。

ちなみに「宝相華」は、西域・インドに端を発する文様で
植物の「蕾」「花」「実」「葉」を図案化したものです。

「過去」「現在」「未来」の永遠の相を表す文様と言われ、奈良時代から現代に伝承されています。

正倉院の御物や、平等院、中尊寺金色堂の内陣をはじめ、

各時代の代表的工芸品にはこの文様が使われており

現代では文化勲章の中にも使われています。
(説明書きより抜粋)

パイロット 万年筆 新社屋落成記念 宝相華

先日発表された文化勲章にも使われているという宝相華。

宜しければご来店いただき、お手にとってご覧ください。

【パイロット 万年筆 新社屋落成記念 宝相華はこちら】
この商品は完売いたしました

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP