一体構造の万年筆

2013年04月23日

タイトルからお気付きの方も多いと思いますが、
今回、紹介致します万年筆はパイロットの「ミュー」です。

ペン先とボディが一体となった流線型のデザインが特徴的な
ショートタイプの万年筆です。(ショートタイプでない種類もあります)
1971年に発売された「ミュー701」がオリジナルモデルとなります。

ミュー701

701のペン先

また、同じく1970年代に発売された「ミュー ストライプ」は、
あまり見る事の無い希少なモデルです。

ミューストライプ

最後に「ミュー90」です。
パイロット社の創立90周年を記念して2008年に限定9,000本が発売された
このモデルは「ミュー701」を現代風にアレンジした復刻版です。
天冠にスピネルがあしらわれており、クリップ等のデザインに違いがあります。

ミュー90

ミュー90のペン先と天冠

共通して言える事は、ペン先がボディとの一体構造の為、書き味が硬いです。
この点は、好みが分かれると思います。

今回、紹介致しました3種類の「ミュー」は、当店の買取キャンペーンの一つ、
「減額しません」の対象品です。
その他にも、多数の商品を「減額しません」の対象としておりますので、
是非、ペンの買取はキングダムノートをご利用下さい。

【買取のご案内はこちら】

【ミュー他、パイロットの減額しませんはこちら】

【パイロット以外の減額しませんはこちら】

RECOMMEND

PAGE TOP