ホワイトゴールドの輝きに魅了される

2010年01月09日

2000年12月、ペリカンより特別限定品として発売された『1931ホワイトゴールド』。
1931年に発売された「ホワイトゴールド・ダブル」を使用したペリカン・ゴールドの
復刻版です。

ペリカン 1931 ホワイトゴールド

ホワイトゴールド・ダブルとは、
下地になる金属の上から「金」を溶接や高圧圧縮をして貼り付ける金属加工方法のことを指します。
現代では「ゴールドフィルド(GF)」や「金張り」と呼ばれております。

贅沢なホワイトゴールドを使用したボディー部には、きめの細かい波目模様の彫金が施され、
キャップには1931年当時のデザインのロゴが彫り込まれています。

1931年当時と同じデザインのロゴ

さらにこのペンの特徴として挙げられるのが、美しいゴールドコーティングのクリップと
使うほどに手に馴染むエボナイトを使用した首軸と尻軸です。

エボナイトを使用した尻軸と首軸

日常の実用品としてだけはなく、手に取った感触を常に忘れることのできない特別な
価値がある品として、あなたを輝かせてくれるアイテムとなるでしょう。

【ペリカン 万年筆 1931 ホワイトゴールドはこちらから】

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP