フーデッドニブ

2011年06月06日

万年筆のペン先、「ニブ」にはいくつか種類があります。

今回ご紹介しますのは「フーデッドニブ」と呼ばれるペン先。

普段、よく見られる「オープンニブ」と比べて一番の違いは

ペン先が首軸に覆われている、その見た目ではないでしょうか。

ペン先、ペン芯の保護及びインクの乾燥防止を目的としております。

パーカー#61

ペン先は先端以外フードされてる

書き味に関してはニブが覆われてるため、万年筆特有の撓りはあまり感じられません。

筆圧が強くペン先の近くを握ってしまう方に向いてるのではないでしょうか。

手のインク汚れも防止にも多少はなるかもしれません。 

フーデッドニブで書き味も楽しみたい方にはモンブランの「2桁シリーズ」をオススメします。

ニブの覆われてる部分があまり多くなく、ウィングニブの特徴である撓りや軟らかい書き味も健在です。

モンブラン#72

フードされてる部分が小さい

是非、店頭にてお試しください。
お待ち致しております。

■フーデッドニブの万年筆はこちら

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP