フィレンツェ最古の橋、「ポンテベッキオ」

2017年11月20日

ポンテベッキオ。

フィレンツェを流れるアルノ川に架かる橋で、イタリア語で「古い橋」の意味。
その名の通り、フィレンツェ最古の橋で、
現存の橋は1333年の大洪水で以前の橋が流された後、再建されたもの。

第二次世界大戦末期には、フィレンツェからドイツ軍が撤退する際、
ほとんどの橋が破壊されてしまったにもかかわらず、
ポンテベッキオだけはその歴史的価値に対するリスペクトとして、
破壊を免れたんだそう。

屋根付きの高架廊下が特徴的。

そんな歴史あるポンテベッキオに捧ぐコレクションを、
フィレンツェを拠点とし、数多くの独創的なモデルを制作しているブランド、
ビスコンティが1995年に発売しています。
(ちなみに日本未発売!)

ビスコンティといえば、この美しいセルロイド軸。まさに芸術。

キャップリングには橋の模様が。

上の2枚はアドリアティックストーンというカラーですが、
他にも2つのカラーがあります。

ポンペイブルー

シルバーグラナイト

いずれも色が複雑に混ざり合った唯一無二の魅惑的な軸で、
いつまでも眺めていたくなる不思議な魅力を放っています。

今はあいにく在庫がありませんが、
入荷の際は是非とも手にして見ていただきたい一本です!

ちなみに、、、
ヴァンゴッホコレクション等多くのモデルにみられる
ビスコンティを象徴する円弧状のクリップは、
このポンテベッキオをモチーフとしたものです。

ポンテベッキオをモチーフにしたクリップ。

ビスコンティの万年筆はこちらから≫≫

また今回イタリアのペンに興味が出てきた方は、
ブログ記事「イタリア万年筆のススメ。その色彩感覚とは?」もオススメ!

ではでは。

☆日々を写真でお伝え!KINGDOM NOTE公式Instagramはこちら☆

☆毎日更新中!KINGDOM NOTE公式Twitterはこちら☆

☆新着商品毎日追加!KINGDOM NOTE HPはこちら☆

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP