パイロットが新たな航海を始めた日「カスタム ストライプ」

2020年04月15日

1918年、「株式会社並木製作所」として始まったパイロット。
書くことに限りない情熱を捧げ続け、1971年に現代の日本人に合った、日本の文字の為の万年筆として「カスタム」シリーズが発売されました。
同じ年に貴金属・宝飾品類製造、販売も開始され今までにないデザインの万年筆が数多く登場していきます。

その最初として販売されたカスタムシリーズ。
スターリングシルバー、ステンレス、木軸…
それぞれの素材の良さを生かしたデザインのうちの一つ、カスタムストライプをご紹介。

 

ステンレス製の軸に18K-WGのペン先がついた、お気に入りの普段使い用として所持していたい逸品。
ストライプの部分は蝕刻加工により、直線が美しい凹凸で表現されています。

こちらはスミ入れされており、コントラストがはっきりしたデザインですが、同じシリーズで「ホワイトストライプ」と呼ばれるスミ入れされていないモデルもございます。

 


とても珍しいので是非チェックしてみてください。
天冠のコンパスとPが重なったロゴも今は見ることができない人気デザインです。

 

セルロイドなど樹脂がメインだった万年筆に貴金属素材が登場し、ここからデザインと書き味を追求する新たなパイロットの航海が始まっていきます。

70年代の古き良きパイロットを是非ご堪能くださいませ。

「PILOT パイロット 万年筆 カスタム ストライプ 18KWG」商品一覧はこちら》

☆日々を写真でお伝え!KINGDOM NOTE公式Instagramはこちら☆

☆毎日更新中!KINGDOM NOTE公式Twitterはこちら☆

☆新着商品毎日追加!KINGDOM NOTE HPはこちら☆

2+

NEW POST

MORE
PAGE TOP