アトリグラス ドイツ製ラジオメーター

2021年03月01日

ラジオメーターはイギリスの物理学者
ウィリアム・クルックスによって発明されました。

『リヒテンヘルド社 ラジオメーター』

キングダムノートで取り扱いのラジオメーターは
ドイツ ラウシャ村の森の中で
一つ一つ職人が手作業で製造してます。

球体の中を覗き込むと4枚の翼。
1枚の翼には黒い面と白い面があり
赤外線を含む光線が当たると
黒い面の方が多くの光エネルギーを吸収する構造。

翼は雲母という石をミルフィーユ状にしたもので
1枚づつ職人がガラスを製造する時に出るススを
片面にペタペタ付けるという地道な工程を踏んでます。

球体の中は真空になっており
黒い表面上に起こる熱が高圧力を発生させ
白い表面上に起こる力を上回り
その力の差によってガラス球の内部で翼が回転。

光線の強さによって回転のスピードが変わり
まるで生きている様な姿に
愛らしさを感じるアイテムです。

今回ご紹介のラジオメーターは
3,40年前のヴィンテージガラスを使用しているモデル。
熱を入れる事により強度と発色が増します。
歴史を感じさせるアンティーク調で
どこか温かみがあり一つ一つ違う風合いが魅力的です。

デスクのインテリアやお部屋の窓辺などに飾れば
癒しを感じられることでしょう。

「アトリグラス ドイツ製ラジオメーター」商品一覧はこちら>>

☆日々を写真でお伝え!KINGDOM NOTE公式Instagramはこちら☆

☆毎日更新中!KINGDOM NOTE公式Twitterはこちら☆

☆新着商品毎日追加!KINGDOM NOTE HPはこちら☆

 

0

RECOMMEND

該当記事がありません。

PAGE TOP