まだまだある モンブラン「146」のペン先

2014年11月12日

4年程前にモンブラン「146」の年代別のペン先の違いを紹介させて頂きましたが、

他にもペン先の種類がありますので、紹介したいと思います。万年筆全体の外観やペン先のデザインは現行同様2帯の中白なのですが、

金の含有量を表す刻印が18Kになっております。

フランスでは18金以上でないと、金と認められない事が主な理由でしょう。

製造時期は、おそらく1990年代だと思われます。
フランス向け146の全体
フランス向けの当店表記は「#146 18K/字幅」です
現行品のペン先
今回、紹介しましたフランス向けの「146」はキングダムノートの買取キャンペーンの一つ、

「ワンプライス買取(定額買取)」の対象のモデルです。

現在、キングダムノートではワンプライス買取の対象品を続々追加中ですので、

お使いでないペンがありましたら、是非当店にお売り下さいませ。

ご利用、お待ち致しております。

■146のワンプライス買取はこちら

■その他のワンプライス買取はこちら

■過去のブログ モンブラン「146」の年代別ペン先はこちら

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP