「コンクリン」待望の復活

2016年06月09日

キングダムノートの店頭にも、
本日より「コンクリン」が並びました。
きれいなオレンジ軸です

コンクリンは1898年、アメリカのオハイオ州トレドにて、
ロイ・コンクリン氏によって創業されました。
世界で初めて、クレセント・フィラー(三日月型吸入機構)と呼ばれる、
画期的かつ実用的なインク自動吸入方式を開発し、特許を取得。
その名を世に知らしめました。

1903年に 「トム・ソーヤの冒険」 などで日本でも知られる、
アメリカを代表する文豪 マーク・トウェインが
同社のクレセント・フィラー吸入機構の万年筆を愛用し、
広く愛好家に知られるようになりました。

120年近くなる今もなお、
創業当時と同じ想いを持ち続けながら
常に高品質で個性的な筆記具を世界市場に向けて生み出しているブランドです。

幼いころに読んだトム・ソーヤの冒険が、こんなに美しいペンで書かれていたなんて・・・

他にはない鮮やかな配色

軸の美しさに思わず見とれてしまいます

「オールアメリカ」と「デュラグラフ」2つのモデル
全7色をご用意しております。

万年筆(Fのみ)とボールペンがございます。

>>コンクリンの商品一覧はこちら

この機会に、コレクションの一つに「コンクリン」を加えてみてはいかがでしょうか?

0

NEW POST

MORE
PAGE TOP