Select Language

<   2013-06   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

茶縞

「茶縞」と聞いてまず私が思い浮かべるのは、ペリカンの万年筆です。

もちろん他にも、シェーファー、パーカー、エバーシャープなどからも

製造してますが、「縞模様=ペリカン」というイメージが強いからかもしれません。

そんなペリカンの茶縞は、年代を問わず、非常に人気が高いですよね。

個人的には今年、発売されました特別生産品「スーベレーン M800 茶縞」のような

茶の割合が多く、色の濃い万年筆を好んでおります。

M800を含め、80年代以降の万年筆はこのような特徴が見られます。

派手すぎず、地味すぎず、落ち着いた雰囲気を醸し出しており、ゴールドパーツの

クリップやリングとの相性は抜群ですよね。

ペリカンに限らず、シルバートリム系の万年筆を好む私も、茶縞に関しては、

断然、バランスはゴールドのほうが良いと思います。

茶縞にシルバートリムが無いのは、そんな理由かもしれませんね。

見た目の美しさもさることながら、「現行にない色」という事でより

魅力的に感じるのではないでしょうか。

「定番色にすればいいのに」と思いますが、茶縞は他の色と比べて、

非常に生産が難しく、ロスが多い為、廃盤になったというのが、

一般的に言われてる理由だそうです。













当店でも茶縞はすぐに売れてしますので、あまり在庫がありません。

ここに画像を掲載しております万年筆は、すべて「減額しません」キャンペーンの

対象商品です。

ご購入も買取も、どちらもキングダムノートをご利用下さい。

ご来店、お待ち致しております。

【ペリカン 茶縞はこちら】
【ペリカンの減額しませんはこちら】

この記事を面白いと思った人は88人です

2013年06月25日|written by スタッフ
この記事カテゴリーは『ペリカン』です。

私どもKINGDOM NOTEは、あなたの人生にゆとりあるペンライフをご提案いたします。
万年筆は文字を書く楽しさを思いおこさせてくれます。そこには、あなたが忘れかけていた感動があります。
忙しい日々の中で、忘れかけていたその感触を取り戻してみませんか。私たちキングダムノートがお手伝いさせて頂きます。



東京西新宿にある店舗のご案内

INFORMATION

  • イルブセット
  • 豊岡
  • LINE