Select Language

<   2010-05   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

万年筆の選び方 

いざ、「万年筆」を買ってみようと思うと何を買ってよいのか
分からない事があるかと思います。

価格にいたっては数千円から、何百万円まで価格に幅がある為、
「価格の高い万年筆が優れているのですか?」との
ご質問も多くお伺いいたします。実際のところは・・・、
決してぞの様な事はございません。
ご参考程度になりますが、選び方のご案内をさせて頂きたいとます。
いくつかのポイントは、
・ペン先
(例えばステンレスと金ではもちろん書き心地は違ってまいります。)
・重さ
(軸の素材は樹脂か鉄かでも握った時の負担は大きな差が生まれます。)
・デザイン
(一目ぼれではありませんが色が綺麗やフォルムで選ぶのも楽しみの一つです。)
・用途
(お仕事で毎日使われるのか、ご自宅などでゆったりと書かれるのか
手帳に書くのか、書類などのサインでお使いになられるのか等、
用途にあわせて文字の太さや機構も変わって参ります。)

多くのメーカーがある中で私は、モンブラン社の製品とセーラー社の製品が
特に、興味深く面白さを感じます。
一つはドイツで生まれた万年筆(モンブラン社)はもちろん横書きに
より優れていると感じます。


また、対象的に日本で生まれた万年筆(セーラー社)縦書きにより優れ
漢字が美しく止め、跳ねに動きがある文字が書ける感じが致します。


書くという点において、どちらのメーカーも大変素晴らしい万年筆ですが
全く違う個性を感じる事ができるので、是非キングダムノート店舗にて
書き比べをして頂きたいです。
きっとその書き心地の違いに感動される事でしょう。
書く事の「好み」を是非!体感して頂きたいと思います。
「有名だけと実際どうなの?」というモヤモヤを解消して頂き
新たな発見のお役に立てれば幸いです。

女性の靴選びに例えると、ルブタンに憧れるけれど、
実際に履く靴となるとジミーチュウ?
男性のゴルフクラブ選びに例えるとキャメロンのパターには憧れるけれど
実際に使っているのはプロギア?のように
自分だけの好みが万年筆にもきっとありますよ。

この記事を面白いと思った人は147人です

2010年05月08日|written by スタッフ
この記事カテゴリーは『その他』です。

私どもKINGDOM NOTEは、あなたの人生にゆとりあるペンライフをご提案いたします。
万年筆は文字を書く楽しさを思いおこさせてくれます。そこには、あなたが忘れかけていた感動があります。
忙しい日々の中で、忘れかけていたその感触を取り戻してみませんか。私たちキングダムノートがお手伝いさせて頂きます。



東京西新宿にある店舗のご案内

INFORMATION

  • イルブセット
  • 豊岡
  • LINE