Select Language

<   2017-06   >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

夏の風物詩

先日、蛍を見に行ってきました。

初夏になると幻想的な光で飛び交う蛍は、水のきれいな川辺に生息します。

田舎育ちの私が子供の頃は、家の近所で自然の蛍が見られました。

年々、宅地開発や水質の悪化が進み、蛍の生息数は減少していきましたが

最近では地域ぐるみで蛍の育ちやすい環境を作り、幼虫を放流する

保護活動が行われているところも多いようです。


「源氏物語」の第25帖に「蛍」という巻があります。


「キングダムノートオリジナル万年筆源氏物語シリーズ 第一弾」

【玉鬘】にまつわるお話です。







女性の姿を男性が見る事が叶わぬ平安時代の貴族社会。

大変な美女と評判の玉鬘に、多くの公達が想いを寄せます。

それを面白がった光源氏は、玉鬘に熱心な恋文を送ってきた

兵部卿宮を館に招きます。



玉鬘の姿を少しでも確かめたくてそわそわする兵部卿宮の前で

源氏は自分の袖の中に潜ませておいた蛍達を放ちます。

几帳の中で飛び交う蛍の光に浮かび上がる玉鬘の美しい姿を見て

兵部卿宮は益々心を奪われる…という場面。

僅かな火の明りだけの平安時代の夜に舞う蛍の光は

さぞかし優美だったことでしょう。

また、それだけ当時は多くの蛍が生息していたという事なんですね。



「玉鬘」は既に完売していますが、第二弾「花散里」が発売となります。






平安時代の着物の襲(重ね)をイメージして作られたこのシリーズ、

今後も次々と美しい色合いの万年筆をお楽しみいただけます。

是非ご期待ください!



ちなみに、蛍をモチーフにしたこんな万年筆も…。





日本の職人さんならではの繊細な装飾。

蛍の仄かで幻想的な光を蒔絵と螺鈿で表した万年筆です。


でもやっぱり実際に見る儚げな蛍の光は別格。

皆様も、ぜひ見に行かれては如何でしょうか。


☆毎日更新中!キングダムノート公式Twitterはこちら☆

☆新着商品毎日追加!KINGDOM NOTE HPはこちら☆

この記事を面白いと思った人は31人です

2017年06月08日|written by スタッフ
この記事カテゴリーは『キングダムノートオリジナル』です。

私どもKINGDOM NOTEは、あなたの人生にゆとりあるペンライフをご提案いたします。
万年筆は文字を書く楽しさを思いおこさせてくれます。そこには、あなたが忘れかけていた感動があります。
忙しい日々の中で、忘れかけていたその感触を取り戻してみませんか。私たちキングダムノートがお手伝いさせて頂きます。



東京西新宿にある店舗のご案内

INFORMATION

  • イルブセット
  • 豊岡
  • LINE