Select Language

<   2018-04   >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

万年筆の本数と、その向き合い方

もっとあるような、ないような

先日また万年筆を買ってしまいまして、愛する万年筆コレクションが増えました。

もう何本になったかなあとトレイをのぞいてみると、思っていたよりは少ない。

あれ、こんなもんだったかなぁ。

> 続きを読む

2018年04月22日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

ヨーロッパタイプの万年筆

デルタ 万年筆 ビンテージコレクション インシエーメ

先日パーカータイプのボールペンについてご紹介いたしました。

ボールペンの共通規格に触れたならば、
万年筆の共通規格に触れないわけにはいかないでしょう。

ということで本日はヨーロッパタイプ(欧州規格)について。

> 続きを読む

2018年04月11日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

選択肢があるという贅沢

あなたにとっての完璧な万年筆はなんですか?

現在、ペリカンのスーベレーンはM300-M1000までの5サイズがラインナップ。

同じくモンブランもマイスターシュテュックと冠するモデルをモーツァルト、クラシック、ルグラン、149と4サイズ展開をしています。

> 続きを読む

2018年04月04日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

シガーと万年筆

アウロラ 万年筆 リミテッドエディション 88 SIGARO-シガロ

最近はシガーバーが人気なのだとか。
葉巻の世界は奥深く、大人の嗜みとして愛されているところは、
万年筆と通づる部分があるかもしれません。

ということで本日はシガーと所縁のある万年筆をご紹介いたします。

> 続きを読む

2018年03月29日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

国産の吸入式を愛でる

セーラー 万年筆 プロフィット レアロ マルン

モンブラン #149、ペリカン M800、アウロラ オプティマ...

やはり本格派のピストン吸入式には憧れます。

今回はメイドインジャパンの吸入式万年筆2種をご紹介。

> 続きを読む

2018年03月18日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

masahiro 始めました

masahio 万年筆

な、何とキングダムノートはこの度、masahiro 万年筆の

初の指定販売店として取扱いをスタートしました!

何とも光栄なことです。

> 続きを読む

2018年03月02日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

ペン先をしまいたい! ギミックの楽しい万年筆

パイロット キャップレス ブラック

皆さんは万年筆を選ぶとき、何を基準に選んでいますか?

書き味、軸のデザイン、重さ、太さなど
人によっていろいろな選び方があると思います。

そんな中、人とは少し違う面白いもの持ちたい!
という方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

> 続きを読む

2017年11月25日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

「字幅」という単位

当たり前のように細字、中字などと言っていますが。。。

先日、お客様よりある問い合わせが。

「この万年筆の細字って、だいたい何mmくらいのことなの?」

この言葉を聞き、私は改めて字幅という単位について考えてしまいました。

> 続きを読む

2017年11月11日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

マット軸がオススメな3つの理由

マット軸の魅力とは?

マット加工のペンは使っていて楽しい。

嬉しくて、ずっとすりすりと指先で撫でてしまいます。

今日はマット軸、その魅力をお伝えします。

> 続きを読む

2017年09月22日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

収納時にワザあり!なペンたち

モンブラン ボエム

職場には職場用、自宅には自宅用と置きペンをして
普段は持ち歩かない!という方もいらっしゃいますが、
ペンケースなどに入れてペンを持ち歩く方が大多数かと思います。

本日は書くときはもちろん、持ち歩きにも「ワザあり」なペン達をご紹介!!

> 続きを読む

2017年09月01日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

創業者と万年筆

ウォーターマン エドソン サファイアブルー

パーカー、ラミー、オマスなどなど。。。

創業者の名前を冠した「ブランド」は数あれど、
創業者の名前を冠した「モデル」はそう多くありません。

本日は素晴らしき筆記具ブランドを生み出した創業者達に敬意を表し、
創業者モデルの筆記具をご紹介いたします!

> 続きを読む

2017年08月22日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

アートな万年筆のお話

ビスコンティ 万年筆 サルバドーレ・ダリ ブラウン

いつか欲しい万年筆。

このブログを読んで下さる方ならば、

心の中に1本くらいそんな万年筆があるのではないでしょうか。

> 続きを読む

2017年08月20日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

影の立役者「キャップリング」

マイスターシュテュックのキャップリング

気付いた時にはそこにいて、いつも輝いている。

本日はそんな影の立役者についてのお話。

> 続きを読む

2017年07月02日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

計算された造形美「クレオスクリベント エボナイトコレクション グリーン」

クレオ スクリベント 万年筆 エボナイトコレクション グリーン

クレオスクリベントというブランドをご存知ですか?

かなりの万年筆好きでないとなかなか目にすることがないかと思いますが、

実はすごい万年筆を作っているんです。

> 続きを読む

2017年05月26日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

古き良き時代の空気をまとった万年筆

シェーファー 万年筆 ノスタルジア 14金 ソリッドゴールド

先日、スタッフと連れ立って「ミュシャ展」にいってきました!

アールヌーヴォーの第一人者である
アルフォンス・ミュシャの作品たち。

デザインやポスター、そして大迫力の絵画は、
繊細で、可憐で、神々しくて… もう、とっても美しかった~!

> 続きを読む

2017年05月23日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

収斂進化の2種。「アウロラ 75周年記念 」「モンブラン フリードリッヒII世」

収斂進化の代表例

収斂進化(しゅうれんしんか)という言葉をご存知ですか?

簡単にご説明すると、イルカとサメのように全く別種が同じような姿・特徴に進化すること。

魚類と哺乳類ですから生物分類的には全く異なりますが

住んでいる環境や食べる餌がよく似ているために同じような姿に適応進化していったのです。

> 続きを読む

2017年05月17日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

あなたはどっち派?「リミテッドエディション セレブレーション」

ウェリントンシリーズ リミテッドエディション セレブレーション

見た目はよく似ていても、中身はまったく違うものってありますよね。

本日はそんな万年筆をご紹介!

> 続きを読む

2017年05月09日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

意外とレア!横縞の万年筆たち

作家シリーズ2005 ミゲル・デ・セルバンテス

気づけば私服のTシャツがボーダーだらけ。。。横縞大好きな私です。

縦縞の万年筆といえばスーベレーンが有名ですし、数多くの万年筆が発表されています。

しかし横縞の万年筆って探してみてもなかなか無いものです。

ということで、今回は現在当店に在庫のある横縞の万年筆をずらっとご紹介!!!

> 続きを読む

2017年04月23日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

嵌合式とねじ込み式

ねじ込み式のペンを引き抜こうとすると壊れます。。。

先日、友人に万年筆を貸した時のこと。

彼は躊躇なく私のM400のキャップと胴軸をそれぞれ左右の手に持ち、思い切り引っ張り始めたのです。

> 続きを読む

2017年04月21日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

丸善 万年筆 アテナ・ザ・ペン クロマ

丸善 万年筆 アテナ・ザ・ペン クロマ

さっそくですが、本日紹介する万年筆はこちら。

胴軸に彫られたバーレイ模様が特徴の万年筆です。

> 続きを読む

2017年04月16日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

私どもKINGDOM NOTEは、あなたの人生にゆとりあるペンライフをご提案いたします。
万年筆は文字を書く楽しさを思いおこさせてくれます。そこには、あなたが忘れかけていた感動があります。
忙しい日々の中で、忘れかけていたその感触を取り戻してみませんか。私たちキングダムノートがお手伝いさせて頂きます。



東京西新宿にある店舗のご案内

INFORMATION

  • イルブセット
  • 豊岡
  • LINE