Select Language

<   2010-02   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      

大好評「ペリカンフェア」開催中です。

ペリカン ぺん先

今回は「ペリカン」万年筆について、私がお受けする
お問い合わせの多い順にいくつかお答えさせて頂きたいと思います。

> 続きを読む

2010年02月28日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『ペリカン』

「イカペン」の素晴らしさ。

イカのような形状のウィングニブ

「イカペン」と呼ばれるペンが存在することを皆さんはご存知でしょうか?

なんだかふざけた名前と思うでしょうが、

万年筆を愛する方々の中ではとても人気があるペンなのです。

> 続きを読む

2010年02月24日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『モンブラン』

アール・ヌーヴォーの万年筆

ペリカン 万年筆 スピリット・オブ・ガウディ

19世紀末~20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に起こった芸術運動
「アール・ヌーヴォー」
動植物を源泉とした有機的な造形に目を奪われます。

その時代の代表的な建築家の一人が『アントニオ・ガウディ』です。
スペイン・バルセロナには彼が設計した、
今も建設中の「サグラダ・ファミリア」をはじめ、
「グエル公園」や「カサ・バトリョ」といった建築物が観光客の目を楽しませています。

> 続きを読む

2010年02月21日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『ペリカン』

珍しいクーゲルニブ

#644グリーンストライプ/ゴールドキャップ 1950年代製造

最近、入荷した万年筆に珍しいモノがありましたのでご紹介したいと思います。
その万年筆とはモンブランの#644 グリーンストライプ/ゴールドキャップの 
クーゲルニブです。

> 続きを読む

2010年02月19日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『モンブラン』

自分と同世代の筆記具を持つ。

1980年代。私と同世代です。

「毎日触れたくなる筆記具が欲しい。
 でも、カタログで見る最新モデルはピンと来るものがない。」
そんな方に私がお勧めさせていただきたいのは、
「自分と同世代の筆記具を持つ」という選択です。

> 続きを読む

2010年02月16日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『万年筆』

「わけあって、高い」ものも存在します。

null

よく「わけあって、安い」という言葉がありますが世の中には
「わけあって、高い」ものも存在します。その、「わけ」を知ることで
お値段にも納得でき、購入の決心がつく事もあるでしょう。

> 続きを読む

2010年02月12日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『アクセサリー』

個性豊かな「パーカー#75」

左:初期モデル 中央:中期モデル 右:後期モデル

パーカー社を語る上では外すことが出来ない万年筆、パーカー#75。
以前に、このブログで初期型のパーカー#75の特徴をご説明させていただいたことがありました。
今回はモデルチェンジをした中でも最も見分けが付きやすい、天冠の種類についてお話をしたいと思います。

> 続きを読む

2010年02月10日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『パーカー』

紫煙の中でペンを走らせる

エス・テー・デュポン ボールペン&メカニカルペンシル クラシック パラディウムフィニッシュ

「エス・テー・デュポン」といえば、
ペンよりも先にライターを連想される愛煙家の方も多いのではないでしょうか。

ネットで「ライター」と検索すると、
Zippoと並んでトップに表示される人気のブランドです。

> 続きを読む

2010年02月07日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『S.T.デュポン』

セーラー オリジナルペン先 「長刀研ぎ」

左が長刀研ぎ 右が通常のペン先

セーラー万年筆には通常とは違うオリジナルペン先のがあり、そのひとつに「長刀研ぎ」と呼ばれるペン先がございます。
万年筆に明るい方はご存知だと思いますが、初心者の方やお使い頂いた事のない方からは
「聞いたことはあるけど・・・」「何が違うの」という声も少なくありません。
そこで今回は「長刀研ぎ」について簡単ではありますがご紹介したいと思います。

> 続きを読む

2010年02月05日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『セーラー』

あるボールペンの独白(ペリカンK400ホワイトトートイス)

ペリカン ボールペン スーベレーン K400 ホワイトトートイス

私とご主人だけの幸福な時間はずっと続くはずだった。
あいつがこの家に来なければ・・・

> 続きを読む

2010年02月01日|written by スタッフ
記事カテゴリー:『ボールペン』

私どもKINGDOM NOTEは、あなたの人生にゆとりあるペンライフをご提案いたします。
万年筆は文字を書く楽しさを思いおこさせてくれます。そこには、あなたが忘れかけていた感動があります。
忙しい日々の中で、忘れかけていたその感触を取り戻してみませんか。私たちキングダムノートがお手伝いさせて頂きます。



東京西新宿にある店舗のご案内

INFORMATION

  • イルブセット
  • 豊岡
  • LINE